2017年09月24日

スポンサードリンク

おんな城主 直虎 あらすじ 38話

おんな城主 直虎 あらすじ 38話

柴咲コウさん 主演 NHK 大河ドラマ「おんな城主 直虎」

9月24日(日)は、38話目の放送となります。

物語は、戦国の世を生き抜いた“おんな城主”の数奇な運命を描く!!

最新のあらすじが公開されました。

おんな城主 直虎 あらすじ 38話の紹介です。

武田軍相手にあくまで戦う姿勢を崩さない近藤(橋本じゅん)に対し、直虎(柴咲コウ)は兵力となる農民たちを逃がし、無力化することで武田への帰順を迫る。

だが、近藤は城に火を放ち、抵抗する。怒った武田軍も里の家々に火を放ち、井伊谷は焦土と化してしまう。

それから2年の月日が流れ、龍潭寺で直親の十三回忌法要が執り行われる。

そこには、成長した虎松(菅田将暉)の姿があった。

以上が、おんな城主 直虎 あらすじ 38話の紹介でした。

「おんな城主 直虎」の放送は、NHK総合にて、毎週日曜 20:00~20:45 です。

柴咲コウさん ファンの方は、お見逃しなく!!


スポンサードリンク
posted by ドラマファン at 17:35| Comment(0) | おんな城主 直虎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。