2017年09月25日

スポンサードリンク

おんな城主 直虎 あらすじ 39話

おんな城主 直虎 あらすじ 39話

柴咲コウさん 主演 NHK 大河ドラマ「おんな城主 直虎」

10月1日(日)は、39話目の放送となります。

物語は、戦国の世を生き抜いた“おんな城主”の数奇な運命を描く!!

最新のあらすじが公開されました。

おんな城主 直虎 あらすじ 39話の紹介です。

龍潭寺で直親の十三回忌法要が執り行われ、直虎(柴咲コウ)は虎松(菅田将暉)と6年ぶりの再会を果たす。

しの(貫地谷しほり)は、虎松を松下の嫡男として徳川家に仕官させたいとの意向を伝える。

だが、亥之助(井之脇海)と一緒に井伊の豊かな里を見て回った虎松は、直虎の領主としての手腕に感嘆するとともに、ひそかに井伊家の再興を決心する。

そして、ついに虎松が家康(阿部サダヲ)にお目見えする日がやって来る。

以上が、おんな城主 直虎 あらすじ 39話の紹介でした。

「おんな城主 直虎」の放送は、NHK総合にて、毎週日曜 20:00~20:45 です。

柴咲コウさん ファンの方は、お見逃しなく!!


スポンサードリンク
posted by ドラマファン at 05:27| Comment(0) | おんな城主 直虎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。